交通事故の後遺症とは?

交通事故でケガをしてしまった場合、一番いいのは完全に治癒すること(完治)です。
しかし、ケガの 程度が大きい場合、完全に治癒せず、何らかの不具合が体に残ってしまうことがあります。これを「後遺症」といいます。

後遺症として有名なのがむちうちですが、むちうちにも捻挫型・神経根型・バレリュー型とタイプがあり症状の現れ方や程度もさまざまです。
さくらリバース治療院では、患者様ごとの個別対応ということをとても大切にしています。
同じ腰痛や首の傷みでも、損傷を受けた経過はそれぞれ異なりますしどの関節がどのように歪んだりずれているかによって施術が変わってくるからです。

さくらリバース治療院の交通事故治療は、後遺症の原因となっている骨格の歪みやずれを根本から治していく治療です。

専門性の高い治療院で早期に適切な治療を受け、完全に治るまで続けることが後遺症の軽減には大切です。

交通事故の被害者の方は自賠責保険から通院費用を補てんしてもらえますが、事故で被る損害は通院費用だけではありません。
怪我のために仕事を休まなくてはならないこともありますし、身体面だけではなく心にも大きな傷を負って当然です。

痛みや違和感があっても、我慢してしまい治療を受けないという方がいますが、後遺症をひどくしないということにとどまらず、慰謝料はじめ各種の賠償金を正当にもらうためにも必要な通院治療はきちんと受けるべきです。

ご相談・お問い合せ

お近くの治療院一覧