知ってますか?むちうちはあとから症状がでることも

 

 

 

 

 

 

交通事故に遭ってしまい、明らかに動けないほどの負傷をしてしまう場合や

意識を失ってしまう時はすぐに救急車が駆けつけてすぐに病院に搬送されると思います。

 

また、意識があっても出血を伴う場合や、強い痛みがある時は普通であれば救急車で運ばれて

病院に搬送されると思います。

 

しかし、交通事故に遭った後、自覚症状は無くても身体には大きな負担が残っている事があります。

例え仕事や予定があって病院に行きたくないと考えていても、交通事故後は必ず病院に行って

医師の診断を受けてください。

 

 

 

診断を受ける事で、事故との因果関係を明らかにして下さい!

事故後に診断を受けるのは3つ理由があります。

 

 

 

 

1.事故との因果関係が無ければ損害賠償が支払われない事もある。

事故後に怪我あっても医師の診断が無ければ損害賠償も支払われない事も、交通事故との因果関係を明らかにして、交通事故の怪我であると証明し、損害賠償を請求する為にも医師の診断書が必須です。

 

 

2.あとになって出てきた痛みには適応されない事もある。

軽い人ほど病院に行くのを後回しにしてしまいます、事故から時間が経ってしまうと交通事故による怪我かどうかの判断がつきずらくなって診断書を書いてもらうのが難しくなってしまいます。

また交通事故の怪我は後になって痛みが増してくるケースもあります。

痛みが無いまたは軽いからと言って自分の判断ではなく今後の為にも医師の診断を受けて下さい。

 

 

3.今後後遺症が残った時に困る。

万が一後遺症が残ってしまった時、早期に事故の診断を受けないと後遺症として認定されにくいこともあります。

事故から受診を2週間こえると、因果関係を証明するのが難しいとされています。

軽い怪我でも必ず病院に受診してください。

 

 

 

 

 

交通事故の怪我として残りやすい「むちうち症」

事故後に起こりやすい症状としてむちうち症というものがあります。

むちうちとは一度は聞いたことはあるとは思いますが一体なんなのか?

 

 

むちうちにも種類がある?

むちうち症は主に交通事故で起きた首の怪我の総称です。正確的には医学用語ではありません。

むちうち症もいくつかの症状に分類されます。

大きく分けて「頚椎捻挫型」「根症状型」「バレリュー症候群型」「脊髄症状型」「脳脊髄減少症」に分けられます。

 

そのなかでもっとも多く診断されるのが頚椎捻挫であり

交通事故によるむちうち症の70~80%は「頚椎捻挫」とされています。

 

 

 

  • 頚椎捻挫型

交通事故の衝突により首が衝撃を受ける事により、首の筋肉や靭帯、関節などが損傷してしまうのが

頚部捻挫と呼ばれます。主な症状として肩、首、背中の痛みやコリ感などがあります。

 

  • 根症状型

骨の間から出てくる神経が出てくる根元と部分で障害が生じ、身体の各部位に痛みや痺れ感、力が入りずらい感覚が出てくることがあります。

 

 

  • バレリュー症候群型

頚椎からでている自律神経になんらかのトラブルが起こることによってでてくる不定愁訴がメインの症状です。自律神経には「交感神経」「副交感神経」の二つがあり、主に交感神経が障害されて起こる不定愁訴です。症状は,頭痛,頭が重い,めまい,耳鳴り,聴力低下,眼精疲労,視力低下,流涙,首の違和感,摩擦音,昜疲労性,血圧低下など多彩です。 これら症状は,受傷後2ないし4週間ほど経過してから現れることが多いようです。

 

 

  • 脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。 また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなることもあります。生活に影響を及ぼす事が多いケースがあります。

 

  • 脳脊髄液減少症

事故の衝撃により、脳脊髄液が漏れたり、循環不全が起きたりすることです。脳脊髄液とは脳や脊髄を守る液で脳の圧力等に関係があると言われております。脳脊髄液の影響により頭痛やめまい、嘔吐、痙攣など起こることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

後遺症がでたらどうするの?

交通事故に遭い、後遺症になった場合には今後の生活に影響を与える事になります。もし後遺症が残った場合はどのようにしたらいいのか?

 

 

後遺障害ってなに?

交通事故に遭う前は健康だったのに、交通事故後、負った怪我が完全に回復せず痛みやしびれが出たり神経障害などが残る症状全体の事をさします。

交通事故後完治しなければそれは後遺症となります。

 

 

 

後遺傷害の定義

・交通事故によって負った負傷が、将来において完治しないと見込まれること。

 

・その負傷が交通事故によって引き起こされたいう因果関係が証明される事。

 

・その負傷によって労働能力の低下を伴うものであること

 

・その負傷の症状が。自賠責保険の等級認定に該当するもの

 

 

できるだけ後遺症にならなように早めに施術を受ける事が

大切になってきます。

病院で異常が無いと言われた、薬しかもらえない

そんな時は是非ご相談ください。

 

 

 

 

交通事故でのお怪我は、さくらリバース治療院で

行うことが可能です。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

交通事故のお怪我でお困りの方は

↓↓↓

ご相談・ご予約はこちらから

瑞穂区 さくらリバース治療院 瑞穂

http://sakura-mizuho.com/

千種区 さくらリバース治療院 星が丘

http://sakura-hoshigaoka.com/

名東区 さくらリバース治療院 高針

http://sakura-takabari.com