交通事故での対応での3つのポイント!

 

 

交通事故に遭ってしまい、明らかに動けないほどの負傷をしてしまう場合や

意識を失ってしまう時はすぐに救急車が駆けつけてすぐに病院に搬送されると思います。

 

また、意識があっても出血を伴う場合や、強い痛みがある時は普通であれば救急車で運ばれて

病院に搬送されると思います。

 

しかし、交通事故に遭った後、自覚症状は無くても身体には大きな負担が残っている事があります。

例え仕事や予定があって病院に行きたくないと考えていても、交通事故後は必ず病院に行って

医師の診断を受けてください。

 

 

 

診断を受ける事で、事故との因果関係を明らかにして下さい!

事故後に診断を受けるのは3つ理由があります。

 

 

 

 

1.事故との因果関係が無ければ損害賠償が支払われない事もある。

事故後に怪我あっても医師の診断が無ければ損害賠償も支払われない事も、交通事故との因果関係を明らかにして、交通事故の怪我であると証明し、損害賠償を請求する為にも医師の診断書が必須です。

 

 

2.あとになって出てきた痛みには適応されない事もある。

軽い人ほど病院に行くのを後回しにしてしまいます、事故から時間が経ってしまうと交通事故による怪我かどうかの判断がつきずらくなって診断書を書いてもらうのが難しくなってしまいます。

また交通事故の怪我は後になって痛みが増してくるケースもあります。

痛みが無いまたは軽いからと言って自分の判断ではなく今後の為にも医師の診断を受けて下さい。

 

 

3.今後後遺症が残った時に困る。

万が一後遺症が残ってしまった時、早期に事故の診断を受けないと後遺症として認定されにくいこともあります。

事故から受診を2週間こえると、因果関係を証明するのが難しいとされています。

軽い怪我でも必ず病院に受診してください。

 

 

交通事故でのお怪我は、さくらリバース治療院で

行うことが可能です。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

交通事故のお怪我でお困りの方は

↓↓↓

ご相談・ご予約はこちらから

瑞穂区 さくらリバース治療院 瑞穂

http://sakura-mizuho.com/

千種区 さくらリバース治療院 星が丘

http://sakura-hoshigaoka.com/

名東区 さくらリバース治療院 高針

http://sakura-takabari.com/

LINEで送る